ページTOPへ
ジャンプ
閲覧履歴 ショッピングガイド お問い合せ
ネオネットマリン Web本店 1988年創業 ボート&マリン専門店
買い物カゴの内容

カートを見る
お問い合せはこちら
ネオネットマリン WEB本店

WEB本店

 



膨張式ライフジャケットを徹底解説 [BEWAVE編]

トーハツ2馬力船外機に関する情報
2016年8月23日更新

 国土交通省型式承認ライフジャケットについて

国土交通省型式承認品マーク
↑あなたのライフジャケットをチェックしてみて下さい。
まずは、BEWAVEの膨張式ライフジャケットも承認されている「国土交通省型式承認ライフジャケット」についてご説明します。 型式承認品のライフジャケットは、国の定めた型式承認試験に合格した製品のみ、型式承認番号が発行されます。 その型式承認試験に合格した製品を日本小型船舶検査機構(JCI)立ち合いで製品の生産毎に検査(検定)を受け、検査に合格したものが「国土交通省型式承認品」として販売することができます。 また、型式承認品は、市場において不良が確認されたり、JCIの製品検定で不合格となった場合、霞が関にある国土交通省にて説明報告する義務があり、それが終わるまでメーカーは出荷・製造停止となります。

なぜ、そこまで厳しい基準が必要なのか? それはやはり命に直結する製品であるからです。そのくらい責任を持って製造しなければならないのです。 だからこそ型式承認品のメーカーは「製品不良は出さない」という強い責任感を持って生産をしています。 その為、どうしても製造工程が増え、さらに耐久性の高い厳選された素材を採用しているので、値段が高くなります。
下記の工程は、弊社が取り扱う【BEWAVE(ビーウェーブ)】の製造工程です。

BEWAVEライフジャケットの製造工程

‘本国内から糸、バックル、反射材、ファスナ−を協力工場へ輸出

協力工場での製造(型式承認品製造指定工場)

8”

ね入

ゥ瓠璽ーにて全数再検品(糸のほつれなど)

λ陳ゼ阿両豺腓魯スボンベを取り付ける

Д瓠璽ー社内検査

JCI立ち合い検査(検定)

販売準備完了

*注
  • ,聾獣呂嚢盒度の材料が無いため、国産品を採用しています。
  • ∋慊蟾場とは、国土交通省が視察した上で製造を認可された工場の事で、承認品は指定工場でしか製造できません。
  • β耋兩修離スボンベ、中国製の浮力材は品質が安定しないため、使用していません。
  • Ъ卞盪邯海鮗損(浮力試験、荷重試験などJCI小型船舶検査機構による指定検査)
  • これだけの工程を経て、皆さまのお手元にお届けさせて頂きます。 型式承認品ではないライフベストは、いくつかの工程が省かれていたり、 海外素材を採用してコストを抑えていると言われています。 BEWAVEライフジャケットは、非常に工程が多く、その分費用もかかりますが、 それは全て完璧な安全性を求めているからです。命を守るアイテムだからこそ、【国土交通省型式承認品】のライフジャケットをお勧めします。

国土交通省型式承認品には、ライフベスト内側に“桜マーク”と言われる承認マークが捺印されています。

LG-1型の場合
LG-3型の場合

WR-1型の場合
WR-3型の場合

 膨張式ライフジャケットについて

1.膨張式ライフジャケットのメリット

保管場所の省スペース化

ボートには必ず装備しておかなくてはならないライフジャケットですが、例えば6人定員のボートでは6着を常時装備しておかなくてはなりません。通常のライフジャケットではりんご箱3個〜4個分くらいのスペースが必要になります。膨張式ならりんご箱1個くらいになり、乗船者の荷物などのスペースが確保できます。

作業性

浮力を確保するためにどうしても浮体が嵩張るライフジャケットですが、膨張式ならジャケット自体が薄くて動きやすいのが特長です。ウェストベルト型ならさらに作業性が向上し、ポケットの多いフィッシングベストを装着することも可能です。

2.自動式と手動式

自動式の長所

  • 不意の落水でパニック状態になると手動でヒモを引っ張ることさえできないことがあります。特に泳ぎに自信のない方には自動式の方が安全と言えるでしょう。

手動式の長所

  • ベストを手軽に洗うことができます。自動式の場合は膨張装置を外す必要があります。
  • 誤作動の心配がない。
  • 価格が安い。

3.首掛け型とウェストベルト型

首掛け型の特徴

  • ウェストポーチ型、ウェストベルト型に比べて価格が安い。

ウェストベルト型の長所

  • 作業性が非常に高く、上半身に着るものに制限を与えません。フィッシングベストなどを違和感なく着ることができます。
  • 周囲からはライフジャケットを装着しているように見えません。危険な堤防釣りや磯釣り時など、船上でなくとも気軽に装着できます。
  • ウェストポーチ型の欠点をである落水時に首に掛ける作業が必要ありません。
  • 落水時の機動性がぜんぜん違います。首掛け型、ポーチ型は構造上胸の部分に空気がたまりますので、落水時は仰向けになります。安全上当然のことと言えますが、いざ泳ぐとなると非常に泳ぎづらいようです。ウェストベルト型なら浮き輪状に膨張しますので容易に泳ぐことができます。

4.自動膨張の作動映像 ※手動の場合は落水時にレバーを引く

首掛け型

ウェストベルト型


5.自動膨張の仕組み

自動膨張の仕組み
カートリッジ断面図
カートリッジの水進入口から水が浸入し、カートリッジ内の感知素子が水を感知するとバネが伸び、その先にある自動膨張装置の針を押し上げ、ボンベに穴を開けガスが放出する仕組みになっています。

未使用・使用済みの確認
また、カートリッジにて水を感知したか確認ができます。

ボンベ交換時期の確認
カートリッジにボンベの交換時期が刻印されています。

6.えっ、本当なの?知っておいてください!

自動膨張式の意味

自動膨張式ライフジャケットの自動膨張機能は、あくまでも補助装置ということで万が一作動しない場合は、 手動式と同じようにヒモを引かなくてはなりません。メーカーは落水時に必ず膨張することを保証していません。 必ず膨張すると思い込んでいて膨張しない場合と膨張しないことがあるとわかっている場合とでは、 パニックに陥る可能性が変わってきます。これは知っておいてください!

定期検査が必要

船舶の法定安全備品として膨張式ライフジャケットを使用する場合、ライフジャケットも検査の対象になります。 膨張式ライフジャケットは5年間の検査免除期間があるので、事実上一回目の定期検査(6年)で検査されることになります。 検査はボンベの重量を計ったり、ジャケットを口で膨らませて漏れがないか確認するそうです。(*実際には通常のベストも目視で検査しているそうです。)

 ボンベの交換方法

膨張式ライフジャケットで「一度膨らんでしまったら、もう使えないの?」と、質問されることがよくがあります。
ご質問されてくる方は1回しか使えないかと心配されていると思いますが、ボンベを取り替えれば何度でも再使用することができます。
また、そのボンベの交換作業もとても簡単です。
ボンベ交換方法の動画をご用意したので、どのくらい簡単かご覧ください。

今回、動画がご用意できたライフジャケットは、以下の4種類です。

1. LG-1型(自動膨張式 首掛け型)

2. LG-3型(手動膨張式 首掛け型 / ガス充気装置変更前のモデル)

2. LG-3型(手動膨張式 首掛け型)

3. WR-1型(自動膨張式 首掛け型)

3. WR-1型(自動膨張式 首掛け型)

4. RE-5型(自動膨張式 首掛け型ウォッシャブルタイプ)

4. RE-5型(自動膨張式 首掛け型ウォッシャブルタイプ)

 ライフジャケットプリントサービス

BEWAVEの膨張式ライフジャケットでは、4つのプリントサービスに対応しています。
1.刺繍 2.単色シルクプリント 3.単色ラバープリント 4.フルカラー転写プリント

1.刺繍 ※LG-1型のみ[法人、個人様名の表示に最適]

高級感・立体感のある表現ができ、鮮明で耐久性があります。

マーキング実施例

マーキング実例

【マーキング可能カラー】銀、青、赤、黄【字体】ゴシック、明朝

マーキング 書体・カラー見本
特徴 付属ベルトへ刺繍し胴ベルトへ縫い付けます
文字数 最大8文字
マーキングサイズ 高さ25mm×長さ110mm程度の範囲
長所 高級感・立体感のある表現が可能です
鮮明で耐久性が有ります
法人名・個人名の表示に最適です
納期 1週間〜10日程度
注意点 刺繍できる位置はベルト部分のみです

刺繍マーキング対応ライフジャケットLG-1型についてはこちらからご確認できます。

2.単色シルクプリント

最も一般的なプリントで製版し、インキを布地に刷り込む方法です。
単色シルクプリントの実例
単色シルクプリントの対応色

NEW再帰反射シルク

日中は黒文字で見やすく、かつ夜間ではライトを再帰反射し、明るく光って見えます。
単色シルクプリントの再帰反射シルク

特徴 最も一般的なプリント方法で1色ごとに、1枚製版しインキで直接生地に刷りこむ方法です。
文字数 制限なし
プリントサイズ 幅30cmまで対応可能(30cmで1文字5cm角で5〜6文字が一般的)
例)「ABCDEF」をプリントする場合、A〜Fまでの長さが30cmまで対応可。
長所 ・製版代金は初回に掛かりますが2年以内のリピートのご注文時には掛かりません。
・直接生地にプリントするため、プリント耐久性に優れています。
・枚数が多ければ1枚単価がお安くなり、とてもお得です。
納期 2週間〜3週間程度
注意点 ・版下の有効期限は最後にプリントした日から2年間(その期間を過ぎた版下は再度、製版代が掛かります。)
・1着に2箇所プリントする場合は、製版代が2原稿分かかります
・少ない枚数や、プリント色数を多くする場合には不向きです
・ドライクリーニングやインク面に、直接アイロンが出来ません
・時間の経過と共に、プリント面に生地の色が少し浮き出る場合があり、仕上がりが悪くなる場合が有ります。この現象を(ブリード・昇華)と言います

3.単色ラバープリント[小ロット向き・再帰反射も可能・鮮明]

ラバーシートをカットし熱圧着させる方法です。再帰反射材シートでのプリントも可能です。
単色ラバープリントの実例
単色ラバープリントの対応色

特徴 特殊ラバーシートをカットし熱圧着させる方法です。
文字数 制限なし
プリントサイズ 幅30cmまで対応可能。
例)「ABCDEF」をプリントする場合、A〜Fまでの長さが30cmまで対応可。
長所 ・プリント面に生地の色が浮き出ないので仕上がりが奇麗です。
・初期費用が安価で1枚からプリントが可能です。
・例えば1〜10までの通し番号や、数名の名前入れ等の原稿が沢山有る場合に有効です。
納期 3週間〜4週間程度
注意点 ・細かい文字や2色以上のフルカラーには対応出来ません

4.フルカラー転写プリント[オリジナル度UP]

シートにインクジェットプリントし熱圧着させる方法です。
フルカラー転写プリントの実例
フルカラー転写プリントの実例

特徴 特殊シートにインクジェットプリントし熱圧着させる方法です。
文字数 制限なし
プリントサイズ 幅30cmまで対応可能。
例)「ABCDEF」をプリントする場合、A〜Fまでの長さが30cmまで対応可。
長所 ・フルカラープリントが可能です。
納期 3週間〜4週間程度
注意点 ・細データでアウトラインが取れている物が必要となります。(拡張子は、ai(イラストレータデータ))
・データがない場合は、メーカーにて作成する事になります。(別途有料)

プリント方法比較表

耐久性 鮮やかさ コスト
1.刺繍 ◎最良 ◎最良 単価は最安、文字のみ・型式・位置の限定有り
2.単色シルク ○良い 黒、青は○良い/白は△悪い 製版代が必要、数が多いほど割安
3.単色ラバー △悪い ◎最良 初期費用は安価、小ロット向き
4.フルカラー転写 △悪い ○良い 割高、ロゴマークやキャラクター表示

BEWAVE ライフジャケットプリントサービスお申し込み・見積り依頼はこちらからお問い合わせ下さい。

 膨張式ライフジャケットのよくある質問

Q1.船舶検査は受けられますか?

A1.受けられます。

BEWAVEの膨張式ライフジャケットは全て国土交通省の型式承認を受けていますので、船検用品として認められます。 10人乗りボートのボートとなればライフジャケットの収納場所が相当大きくなりますが、膨張式ベストならスペースは半分以下。どうせ揃えておかなければならないものなら場所はとらない方が良いということで多くの支持を集めています。

Q2.一度膨らませてしまったら、もう使えないの?

A2.ボンベを取り替えれば何度でも再使用できます。

スペアボンベ
膨張式のライフベストを購入する際にスペアも同時に買っておくと良いでしょう。

■スペアボンベのお求めはこちら。

ボンベの交換方法についてはこちらをご覧下さい。


Q3.雨や飛沫でも膨張してしまうのでは?(自動タイプ)

A3.100%ないとは言えませんが、その心配はしなくても大丈夫です

下向きに開口のスプールで雨や飛沫での反応を低減
まず、自動膨張タイプのカートリッジにある水進入口からカートリッジ内の感知素子が、水を感知してボンベを開放する仕組みとなります。
そのカートリッジは下向きに取り付けられ、水進入口は斜め下向きに開口していますので、普通の雨や飛沫程度ではここから水が浸入することはほとんどありません。
ただ、水に反応する部分は紙が使われていますので、長時間に渡って雨や飛沫を浴び続ければ陸上でも膨張してしまうことがあるようなのでご注意下さい。

Q4.消費期限などはありますか?

A4.メーカー規定の消費期限は特にありません。

いざという時に膨張してくれなければ、ライフベストを装備していないのと同じこと。長期に渡って膨らませたことのないベストがいざという時に働いてくれるのか?という心配はごもっともだと思います。
自動膨張タイプの場合は、カートリッジに交換時期が刻印されているので、そちらを目安に交換の検討をして下さい。手動タイプでは、メーカーの規定や刻印等で交換期限などは特に設定されていません。
いくらメーカーに規定がないとは言え、何年も膨張させたことのないベストは非常に心配です。1〜2年ごとに替えておくと安心でしょう。
いかかでしたか?
ライフジャケットは、命を守る大事なアイテムとなります。膨張式ライフジャケットは、ボンベの仕組みなどよく理解した上で、着用を心掛けて頂きたいと思います。上記内容以外でご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
また、今回ご紹介しましたBEWAVEライフジャケットを当店は強く信頼しております。是非、膨張式ライフジャケットをご用命の方は、当店が自信を持って販売しているBEWAVE膨張式ライフジャケットをご検討下さい。

安心品質!おすすめ膨張式ライフジャケットのショッピングサイトはコチラ